INTERNATIONAL LABORATORY CORPORATION

INTALOGIC3(インタロジック3)

TOP 組込プログラマブルコントロールVM&制御エディタ INTALOGIC3(インタロジックスリー)
  • 分野にとらわれることなく、あらゆるマイコンシステムからスマートデバイスまで、各種組込制御システムを強力にサポート
  • 本格的なビジュアルプログラミングとデバッグ機能(IEC61131-3と状態遷移設計)をサポート
  • 機能安全を要求される機器のソフトウェア実装に最適
  • 通信形態や機器構成をカプセル化し、分散システムのアプリケーションをシンプルかつシームレスに構築可能
  • IoT化に必要なデータ収集やアラーム監視の構築を強力に支援

特長

1.プラットフォームに依存しない互換性

ハードウェアやOSに依存することなく、様々な組込みプラットフォームに移植可能な制御VM(Virtual Machine)を提供します。
汎用のPLC(Programmable Logic Controller)のイメージを根底から変え、まったく新しいアプローチで制御システムのコストダウンと付加価値アップを実現します。
ILCはこの制御VMを ePCM (embedded Programmable Control virtual Machine)と命名し、マイコン制御システムの新しいソリューションとして提供します。

2.あらゆるマイコンに組込み可能なプラットフォームフリーの制御VM

INTALOGIC3 ラン(制御VM ePCM)は、数多くのプラットフォーム(CPU/OS)に搭載実績があります。

3.多彩な制御プログラム言語をサポート

INTALOGIC3では、次の制御プログラム言語をサポートします。

言語階層 制御プログラム言語
上流設計言語 状態遷移表
高水準言語 ST(Structured Text)
低水準言語 ラダー、拡張ラダー

(a)状態遷移表
イベントと状態の組合せに基づく制御設計

(b)ST(Structured Text)
イベントと状態の組合せに基づく制御設計

(c)ラダー、拡張ラダー
ILC独自のラダー言語の拡張

4.制御機器同士が会話するm2m

INTALOGIC3 ランは、VIO-Linksを経由して、ローカル、リモートを意識することなく、シームレスに各種機器・ITシステムに接続可能です。
INTALOGIC3 ランを搭載すれば、INTALOGIC3 ランが搭載されたシステム同士が簡単につながり、連携できます。

SEPの商品情報はこちら

5.既存のソフト資産の有効活用が可能

お客様保有の制御プログラムと連携する仕組みを有しており、既存ソフト資産の有効活用が可能です。

※同期呼び出し 制御VMからサブルーチンCALLによる同期実行
※非同期呼び出し 制御VMからのイベント送信による並列実行

6.制御機器との接続ドライバを豊富にサポート

SEP(Smart Embedded Platform)が持つ豊富なクラスライブラリを使用して、制御プログラムから各種機器の制御が可能となります。

<各制御機器の対応メーカ>

No. 種別 対応メーカ
1 ラベルプリンタ SATO
東芝テック
ブラザー工業 など
2 バーコードリーダ(1次元、2次元) COGNEX
デンソーウェーブ
IDEC AUTO-ID SILUTIONS など
3 レーザーマーカ パナソニックデバイス SUNX
4 カメラ ソニー など
SEPの商品情報はこちら

7.IoT化に必要な機能強化

IoT化に必要なデータ収集やアラーム監視の構築を強力に支援します。
SEP(Smart Embedded Platform)が持つ各クラスを使用してINTALOGICの制御機能を強化できる仕組みを持っています。

SEPの商品情報はこちら

商品構成

INTALOGIC3は、スタータキットである「INTALOGIC3 スタータキット」と、INTALOGIC3をユーザの開発システムへ移植するための環境をまとめた「INTALOGIC3 ポーティングサポートパッケージ」で構成されます。

INTALOGIC3 開発ツール
INTALOGIC3 エディタ

INTALOGIC3 ランタイム
INTALOGIC3 ラン(Windows版)

ライセンス
ライセンス管理ツール

マニュアル
INTALOGIC3 アプリケーション設計ガイド
INTALOGIC3 ユーザーズマニュアル
INTALOGIC3 プログラムリファレンス
INTALOGIC3 インストールガイド

組込みソフトウェアソースコード
INTALOGIC3 ラン ソースコード

マニュアル
INTALOGIC3 ポーティングマニュアル

動作仕様

INTALOGIC3 エディタ(開発ツール)

項目 仕様
CPU 1.0GHz以上のIntel PentiumⅢ相当以上のプロセッサ
OS Windows7 Professional 32bit / 64bit
Windows8.1 Professional 32bit / 64bit
言語 日本語
メモリ Windows7 / 8.1 32bit 2GB以上、Windows7 / 8.1 64bit 4GB以上

INTALOGIC3 ラン(制御VM:ePCM)

項目 仕様
CPU ARMコアのMCU/SOC、ATOM、PowerPCなど組込機器向けCPU、WindowsPCのCPU
OS Linux kernel 2.6.3x以上
Windows7 Professional 32bit/64bit、Windows8.1 Pro 32bit/64bit、Windows Embedded 7
各種RTOS(μITRON、TOPPERS、RTX、VxWorks等)
言語 言語非依存

※商品のデザイン・仕様は予告なく変更される場合があります。
※近日発売予定です。


お問い合わせ

組込HMI VM&HMIエディタ

INTAPANEL(インタパネル)

次世代指向組込プラットフォーム

SEP(Smart Embedded Platform)

組込ソフトウエア統合開発環境

INTAWORLD(インタワールド)

状態遷移モデル組込ソフトウエア開発環境

Real-Series(リアル・シリーズ)

組み込みソフト開発学習教材

EAPL-Trainer(イープル トレーナー)

EAPL-Trainer(イープル トレーナー)mruby

商品価格&ライセンス情報

価格表

お問い合わせ
ページTOPへ
-->