INTERNATIONAL LABORATORY CORPORATION


INTALOGIC5(インタロジック5)

TOP 組込プログラマブルコントロールVM&制御エディタ INTALOGIC5(インタロジックファイブ)
※近日発売予定です。
  • IEC61131-3に準拠したラダー言語、ST言語、FBD言語に対応。本格的なビジュアルプログラミングとデバッグ機能をサポート
  • 分野にとらわれることなく、あらゆるマイコンシステムからスマートデバイスまで、各種組込制御システムを強力にサポート
  • マイコン制御システムの立ち上げ、開発、保守工数を大幅削減
  • 機能安全を要求される機器のソフトウェア実装に最適
  • 分散システムのアプリケーションをシンプルかつシームレスに構築可能

特長

1.多彩な制御プログラム言語をサポート

INTALOGIC5では、次の制御プログラム言語をサポートします。

言語階層 制御プログラム言語
高水準言語 ST(Structured Text)、FBD(Function Block Diagram)
低水準言語 ラダー

(a)FBD
機能ブロックのIn/Outを連結してプロセスの処理などの一連の処理動作が視覚的にプログラミング可能

(b)ST(Structured Text)
イベントと状態の組合せに基づく制御設計

(c)ラダー
IO制御に適したリレー回路図に基づく制御言語(データ処理はBOX内でまとめてST言語に記述可能)

2.既存のソフト資産の有効活用が可能

お客様保有の制御プログラムと連携する仕組みを有しており、既存ソフト資産の有効活用が可能です。

MATLAB/Simulinkで開発したプログラム(モデル)をINTALOGIC5のFunctionとして登録することで、LD/ST/FBD/SFCプログラムで利用することができます。

算術演算、機器アクセス、通信処理など豊富な制御向け機能を提供する別売のSEP Basic Class Libraryから、必要なClassを選択してINTALOGIC5のFunctionとして登録することで、LD/ST/FBD/SFCプログラムで利用することができます。

※同期呼び出し 制御VMからサブルーチンCALLによる同期実行
※非同期呼び出し 制御VMからのイベント送信による並列実行
※SFCは将来対応予定

3.パソコン上でのシミュレーションが可能

作成した制御プログラムをパソコン上でシミュレーションできます。ハードウェアの開発と制御プログラムの開発を並行して進めることができるため、開発のリードタイムを確実に短縮できます。

4.あらゆるマイコンに組込可能なプラットフォームフリーの制御Runtime

INTALOGIC5 Runは、OSやハードウェアに依存する部分(Porting Layer)が分離されており、依存部を組込対象機器のCPUやOSに合わせて移植するだけで搭載できます。(移植実績のあるOS/CPU一覧はINTALOGIC5 ラン(制御VM)移植実績に記載しています。)

5.IoTやm2mにも対応可能

IoT/m2m対応ソフトPLC“INTALOGIC AIR”に機能アップすることで、IoTやm2m対応の制御システムを開発することができます。“INTALOGIC AIR”はINTALOGIC5の上位互換製品ですので、INTALOGIC5で開発したソフト資産はそのまま流用することができます。INTALOGIC AIRの実行エンジン(AIR Run)は、クラウド上、IPC上、組込機器上で動作し、分散した複数の制御(AIR Run)を一つのシステムとしてシームレスに統合することができます。

SEP(Smart Embedded Platform)の商品情報はこちらを参照してください。

適用分野

INTALOGIC5 ラン(制御VM ePCM)は、数多くのプラットフォーム(CPU/OS)に搭載実績があります。

商品構成

INTALOGIC5は、スタータキットである「INTALOGIC5 スタータキット」と、INTALOGIC5をユーザの開発システムへ移植するための環境をまとめた「INTALOGIC5 ポーティングサポートパッケージ」で構成されます。

INTALOGIC5 開発ツール
INTALOGIC5 エディタ

INTALOGIC5 ランタイム
INTALOGIC5 ラン(Windows版)

ライセンス
ライセンス管理ツール

マニュアル
INTALOGIC5 ユーザーズマニュアル
INTALOGIC5 オペレーションマニュアル
INTALOGIC5 プログラミングマニュアル
INTALOGIC5 インストールガイド

組込みソフトウェアソースコード
INTALOGIC5 ラン ソースコード

マニュアル
INTALOGIC5 ポーティングマニュアル

動作仕様

INTALOGIC5 エディタ(開発ツール)

項目 仕様
CPU 1.0GHz以上のIntel PentiumⅢ相当以上のプロセッサ
OS Windows7 Professional 32bit / 64bit
Windows8.1 Pro 32bit / 64bit
Windows10 Pro 32bit / 64bit
言語 日本語/英語
メモリ Windows7 / 8.1 / 10 32bit 2GB以上、Windows7 / 8.1 / 10 64bit 4GB以上

INTALOGIC5 ラン(制御VM)移植実績

項目 移植実績
CPU RZ/T1、RX63、ARMコア、x86系、PowerPC(MPC8544)、H8(H8SX)、SH-2(SH7086)、SH-3(SH7709S 他)、SH-4(SH7750R、HD6417750RBP240 他)、M16C、M32C、VR(VR7701)
OS Linux、μITRON、VxWorks、QNX、OS9、Nucleus、Windows、OS無し
必要RAM容量 192KB

※商品のデザイン・仕様は予告なく変更される場合があります。
※近日発売予定です。


お問い合わせ