INTERNATIONAL LABORATORY CORPORATION


組込み機器のGUI開発工数を驚異的に削減する、国内TOPシェアのGUI開発環境 スマートデバイス連動GUI開発環境 ジェンウェア エア ●スマートデバイス(タブレット/スマートフォン)を組込機器のGUI端末として使用可能
●スマートデバイス(タブレット/スマートフォン)のソフト開発は不要
●最大5台のスマートデバイス(タブレット/スマートフォン)と接続可能
●軽量かつセキュアな通信を実現
●付属の作画ツールを使ってGUI画面を作成しC/C++のソースコードを自動生成可能
●組込機器側のOSはWindows/Linuxから組込OSまで様々なOSに対応
●GUI制御処理を対話形式で作成できる「GUIシナリオ」機能を提供
●Photoshopでデザインした画面をレイアウト情報を含めて取り込み可能
●組込機器のGUI開発工数を従来の1/10以下に削減

■ただいま期間限定で、無償体験版を公開中。
  こちらからダウンロードできます。

無償体験版ダウンロード

  • GENWARE AIRご紹介ムービー

  • GENWARE AIRは、装置や機器のGUIをスマートデバイスで実現するためのGUI開発環境です。

  • Webサーバ方式やリモートデスクトップ方式によるリモートGUIとは違い、組込み機器側にWebサーバもハイスペックなCPUも不要。

    GENWAREシリーズの移植実績

    CPU RZ/G1、ARMコア、x86系、各種SOCなど
    OS μITRON®、Linux®、VxWorks®など

    スマートデバイスの推奨スペック

    CPU Intel Core i3 / 2.0GHz相当以上のプロセッサ
    OS Windows 10 Pro(32bit/64bit)
    メモリ Windows 10 Pro 64bit:4GB以上、Windows 10 Pro 32bit:2GB以上
        

  • 導入メリット
  • ① 装置や機器のコスト削減
    装置や機器等ごとのGUI用H/W(LCDやタッチパネル等)をスマートデバイスで置き換えることができます。
    ② スマートデバイス用ソフト開発が不要
    スマートデバイスはH/WやOSの変更期間が短く、各社の製品に対応するためには多大な開発工数やメンテナンス工数が必要となりますが、GENWARE AIR を導入することによりスマートデバイス側のソフト開発は不要。装置や機器側のソフト開発だけとなり、開発工数、メンテナンス工数を大幅に削減することができます。
    ③ GENWARE3/4のソフト資産の活用が簡単
    GENWARE3/4で開発されたGUIソフト資産はそのまま流用することができます。

        

  • GENWARE AIRの活用例
  • (a)リモートメンテナンス
    リモートメンテナンス
    (b)リモートビジネスサービス
    リモートビジネスサービス

          

  • GENWARE AIRの詳細は、カタログをご参照ください。
  • GENWARE AIRのデモ動画はこちらをご参照ください。
  • ※商品のデザイン・仕様は予告なく変更される場合があります。

          

    お問い合わせ

    
    ページTOPへ
    Copyrightⓒ 1998-2020 International Laboratory Corporation, All Rights Reserved.